シンプルに可愛くモイストレーベルがワンデーカラコンを席巻

「絶妙」という言葉がまさにしっくりくる。

それが「エバーカラーワンデー モイストレーベル」を最初に見たときの印象でした。

エバーカラーワンデーといえば「DIA14.5mm(着色直径13.8mm)」の代表的存在ですが、元祖のエバカラとはかなり違うのがモイストレーベルなんです。

エバーカラーワンデーモイストレーベルの基本はブラウン

エバーカラーワンデー モイストレーベルには、4つのカラバリがあります。 でもどの色もベースになっているのがブラウンなんです。

どういうことか。

エバーカラーワンデーモイストレーベルアクセントカラー画像

つまり、ベースにブラウンを使い、そこにアクセントカラー(ベージュ、オレンジブラウン、グレー、ゴールド)をあわせることによって、自然で透明感のある発色が実現してるってわけ。これすごくないですか?

1色ずつ見ていきましょう。

モイストレーベル リッチグラム

アクセントカラーはベージュです。

エバーカラーワンデーモイストレーベルリッチグラム画像

光の加減で見え方は違いますが、ブラウンベージュのように見えたり、オリーブベージュのように見えたり。

フチがちょっとぼやけてるので、きつい感じがしないんです。女性らしさアップかな。

モイストレーベル スウィートリュクス

アクセントカラーはオレンジブラウン。

エバーカラーワンデーモイストレーベルスウィートリュクス画像

フチは結構くっきりしてるほうですね。

フチがはっきりとしてるほうが好きならこれもおすすめ。

オレンジ系を混ぜてるのがポイントだよ。

モイストレーベル フェミニンデュウ

アクセントカラーはグレー。

エバーカラーワンデーモイストレーベルフェミニンデュウ画像

これは珍しい組み合わせでしょう。ブラウンにグレーって。明るさによってはハーフ感もでるね。

モイストレーベル ヌーディーヴェール

アクセントカラーはゴールド。

エバーカラーワンデーモイストレーベルヌーディーヴェール画像

キレイなビー玉みたいな瞳になれるね。

細めのフチがあるので、割とくっきりする印象。

エバーカラーワンデーモイストレーベルといえばMPCポリマー

従来シリーズとの大きな違いが「MPCポリマー」を配合してるところ。

MPCポリマーといえば、最近ちょこちょこカラコンでも使われだしてるんですが、ヒアルロン酸の2倍の保水力がある成分なんです。

だから潤いが長持ちするってこと。ということは乾きにくいってことだよね。

カラコンの着け心地を考えたら、「ワンデー」で「MPCポリマー」っていうのは最強じゃないかな。

エバーカラーワンデーモイストレーベル
過去のエバーカラーシリーズとははっきりした違いがあります。14.5mmという点は同じですがデザインがブラウンベースであったり、MPCポリマーを配合していたり。どんな場面でもつけれる4種類のカラーはロングセラーになる予感をさせるデザインです。

エバーカラーワンデーモイストレーベルの口コミでも高評価

元々エバーカラーシリーズ自体人気が相当ありますから、新作が出たということですぐに飛びつく女性も多いことでしょう。

口コミの数も半端じゃないくらい多いのも、利用者数に比例しているものと思われます。私が気になった口コミをいくつか列挙。

  • リッチグラムは外国人ぽさも出せる
  • レンズが柔らかいと感じる
  • フェミニンデュウは外だとグレーがよく分かる
  • 直径が大きめなので目の印象がくっきりする
  • モイストレーベルは乾きにくいと思う
  • お休み用なので10枚入りでもいいけど、30枚入りはでないのかな

これほど高評価が並ぶカラコンもそう多くはないと思われます。

ナチュラルすぎないところがモイストレーベルの好きなところです。14mmとか14.2mmで地味なデザインだとほとんど気づかれなかったりするし、せっかくワンデーをつけるなら、ある程度インパクトがあるほうが私は好きなんです。

フェアリーワンデーカラコンで目を大きくしてからの自問自答

欲張りメイクになってきてて、どうも盛りすぎ感は否めないんだけど、次のトレンドのことは何も考えてない。

フェアリーカラコンでギャップを楽しむもよし、ちょっとした時短に使うもよしなんだけど、エバーカラーワンデーモイストレーベルにしても、ノーメイクでつけてもいいのかも。

だってメイクが濃くなると今ドキ顔という感じでもなくなってしまうからね。

メイクとの相性が抜群なのはどういう秘訣があるのか知りたいな。

これから暖かくなってくるから、流行も考えつつ、つけまつげのことも考えつつ、何がいいのか自問自答してるところだな。

不意をつく韓国カラコンで左右されないメンタル

GLAMの人気韓国カラコン「REVY」というのがありますよね。
フチなしでキレイなグラデが素敵なカラコン「REVY」といえばわかりますでしょうか。
新しく登場した「Misty」もすでに大人気!
レンズ直径14.5mm、鮮やかな発色の3トーンカラー、安心のキャストモールド製法、最大1年使用だからコスパもグッド、カラーはそれぞれ5色。
Mistyのほうがハーフっぽい感じかな♪
度なし1,980円、度あり2,980円はJillカラコンと同じですね。
コスパも納得♪
「不意をつく韓国カラコンで左右されないメンタル」の続きを読む…

エバーカラーもフェアリーカラコンも装着時間に注意

レンズ直径が大きいデカ目カラコンをつけるときは装着時間が長くなってくると目が疲れてきますよね。装用時間もほどほどにしておいたほうが良さそうな気がします。

どんな大きさ、デザインであろうと、目に負担がかかるであろうカラコンですが、いろんな要因でその程度に差があるような気がします。
一つはレンズの大きさです。
エバーカラーやフェアリーカラコンあたりのサイズなら小さいほうだと思うんだけど、もっと大きいカラコンもあるから余計に気をつけたいところ。
「エバーカラーもフェアリーカラコンも装着時間に注意」の続きを読む…

フェアリーカラコンで見据える視線はどこに向ける

振り返ってみると、化粧も昔とはかなり違ってきてるなと。
どの頃をイメージして真似るかは人それぞれでしょう。
でも、昔のメイクを調べてみると面白い発見があったりしますよね。
カラーも時代によって好みがあったり、ついつい流行に乗っかろうとすることもあるけど基本はすきな色があるので、私の場合は薄いピンクなんで、それをベースに考えることも多いですよ。
はてさて、前にも書いてたエバーカラーワンデーのモイストレーベルについてはもうそろそろ書くことがなくなってきたので、フェアリーカラコンのこともそろそろ載せていこうかなと。
「フェアリーカラコンで見据える視線はどこに向ける」の続きを読む…

エバーカラーワンデーモイストレーベルは気が向いたときにも

もともとコンタクトレンズを使っているので、カラコンに挑戦するのも抵抗がありませんでした。
エバーカラーワンデーモイストレーベルを選んだのは、「気が向いたとき・必要なときに簡単に使える」ということが理由です。

お休みの日に出かけるときに使う、とか気分を変えたいときにちょっと一日だけ使うという使い方ができるので、ワンデータイプはとても便利ですよね。
見た目も自然なブラウンタイプと、ちょっとお洒落に見えるブルーグレー系・グリーン系を使い分けています。
カラコンは、しっかりお化粧をしなくても瞳の印象を変えることができて顔全体の雰囲気がきちんとした感じにもお洒落な感じにもできる手軽さも気に入っています。
だからカジュアルなお洒落にも使いやすいし、ちょっと華やかな場面にもうまくマッチするのです。
「エバーカラーワンデーモイストレーベルは気が向いたときにも」の続きを読む…

求められるから人気なエバーカラーワンデーモイストレーベル

別に深く考える必要はありませんが、エバーカラーワンデーモイストレーベルがなぜ潤いがあって着け心地がいいのか、そこを今日は考えたいと思います。

カラコンとは、「カラーコンタクトレンズ」の略称で、レンズに着色が施されているコンタクトのことです。
最近は、リーズナブルな価格で手軽に購入できオシャレな女の子の間で愛用者が増えているです。
度なしも度有りもあり、その日の気分でオシャレを楽しみたい時に服装や髪形を変えるようにカラーを取り替える事が出来ます。

しかし、愛用者が増えるにつれ目のトラブルも増えています。
原因の多くは、眼科を受診せずにインターネットで気軽に購入していることや粗悪品を購入してしまっている事が大きな要因となっています。
「求められるから人気なエバーカラーワンデーモイストレーベル」の続きを読む…